シーリング工事について

シーリング工事とは?

シーリング工事とは、「建物の外壁ボード間のつなぎ目」や「外壁とサッシの隙間」など、動きの多い目地または隙間などに高度の防水性・機密性等を確保することを目的とした工事のことです。

シーリング工事を行うことによって、建物の隙間からの雨水の侵入を防ぐことができます。

さらに、地震で建物が揺れた時や強い風の風圧を受けた時に、目地(部材間の継ぎ目)の動きに追随、伸び縮みをし、建物を漏水等から守ることがシーリングの主な理由です。
建物の隙間を埋めたシーリング材がその役割をしっかりと果たすには、定期的なメンテナンスが必要です。常に外部環境にさらされるシーリング材は、太陽の紫外線の影響を受けて、約5年経過するとひび割れ、肉やせ、はく離などの劣化がはじまるからです。

すると水を通す隙間を塞いだり、建物の動きに追随して伸縮するという本来の性能が発揮出来なくなり、建物全体の劣化をスピードアップさせてしまいます。
したがって、ビルの管理者は定期的にシーリング材の状態をチェックし、正常に機能を果たしているかを確認しなくてはなりません。

シーリング材の種類

シーリング材の中で、外壁のシーリング材として主に使われるのが、

「ウレタン系シーリング材」と「変成シリコン系シーリング材」です。

外壁シーリング材の一般的な選び方のポイントは、次の通りです。

変成シリコン系シーリング材

紫外線に強く耐候性がありますので、

新築時のサイディング外壁に向いています。

ウレタン系シーリング材

塗装との密着が良いため、外壁塗装と同時に施工する際のシーリング材として、主に使用します。

工事工程

シーリング材の撤去

既存のシーリングを全て撤去します。(シーリング打ち替え工事の場合)

シーリング材の充填

コーキングガンと呼ばれる器具を使い、シーリング材を目地に充填します。「どんなシーリング材を使うか」「コーキングガンのノズルのサイズや形が適切か」「気泡が入っていないか」など、職人の判断や技能によって仕上がりが左右されます。

清掃

既存のシーリングを全て撤去した後にていねいに清掃します。

ヘラでならす

充填したシーリング材を、ヘラを使って押さえて圧着させます。密着性を高めるとともに、余分なシーリング材を除去し、表面をきれいに整えることがこの作業の目的です。

準備剤を塗布

シーリングを施す場所に錆びやホコリがなく乾燥していることを確認し、シーリング材を目地に接着するプライマー(準備剤)を塗布します。

工事完了

シーリング材が乾ききる前に、マスキングテープをはがします。

施工事例

sample

​お客様の声

○○株式会社

テキストを入力テキストを入力テキストを入力テキストを入力テキストを入力テキストを入力テキストを入力テキストを入力テキストを入力テキストを入力テキストを入力テキストを入力

​M.K様

テキストを入力テキストを入力テキストを入力テキストを入力テキストを入力テキストを入力テキストを入力テキストを入力テキストを入力テキストを入力テキストを入力

○○学校法人

テキストを入力テキストを入力テキストを入力テキストを入力テキストを入力テキストを入力テキストを入力テキストを入力テキストを入力テキストを入力テキストを入力

お見積り無料

\ お気軽にお問合せください /

受付時間 平日

9:00 ~ 17:00

お見積もりは無料!
フリーダイヤル:0463-83-1508
お気軽にご相談ください。

© Copyright 1988-2020 Yoji Kikaku Co., Ltd. All Rights Reserved.