FRPについて

FRPとは
 
繊維強化プラスチックス(Fiber Reinforceed Plastics)の
略称で、プラスチック材料の中で耐衝撃性に強く、
耐水性や成形性がよいところから、建物の防水材では
木造住宅や駐車場などに、成形品ではボート、自動車の
ボディパーツ、浄化槽、バスタブ、ヘルメット、太陽光発電の基礎架台など幅広く利用されてます。

FRP防水の概要・特長

 

 

FRP防水は、優れたFRPの特性を防水分野に
応用したもので、防水層は軽量かつ強靭、耐熱性・耐食性・耐候性などに優れているという特長があります。FRP防水は、液状の不飽和ポリエステル樹脂に硬化剤を加えて混合し、この混合物をガラス繊維などの補強材と組み合わせて一体にした塗膜防水です。従って出来上がった防水層は、継ぎ目のないシームレスな層となり、優れた防水性能を発揮します。また、塗膜の硬化速度が速く、何層も塗り重ねる仕様でも1日で施工を完了させることも可能です。
FRP防水とは、防水用ポリエステル樹脂と防水用ガラスマットでつくられた防水層です。
その工法は、ポリエステル樹脂を塗布した上にガラスマットを張り付け、その上からポリエステル樹脂を合浸させて硬化させた後、さらに所定量のポリエステル樹脂を塗布して防水層をつくるものです。
お見積もりは無料!
フリーダイヤル:0463-83-1508
お気軽にご相談ください。

© Copyright 1988-2020 Yoji Kikaku Co., Ltd. All Rights Reserved.